BLACKWING 602 SLATE

¥4,070

税込

type:
量:
ブラックウィング602のスレートジャーナルは上質紙100g/㎡を贅沢に使用した160ページのノートです。

接続部は丈夫な両面縫製仕上げ、マットブラックのハードカバーは耐摩耗性。
キャンバス地の背にはブラックウィングをセットできるペン差し付き。

 

商品仕様

・ページ数:160ページ
・罫線:
ドット
・付属品:
ブラックウィング602 1本

個装入数(個/本) 1

個装寸法(mm) 214×140×17

個装重量(g) 342

製造国 トルコ

Customer Reviews

Based on 5 reviews
60%
(3)
20%
(1)
20%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
A
Anonymous
ポイントガードの定位置がようやく見つかった

ブラックウィングを”実用品”として持ち歩いて使うには(ほかの鉛筆もそうですけど)ポイントガードがほぼ必需品ですよね。持ち歩いてるうちに折れちゃうし。

そこでこのスレートノートですよ。

横っちょについてるゴムバンドのとこに、ポイントガードを付けた状態の602を1本ぶち込んでおく。これですべてが完成。(シャープナ―は別途用意してね)

そんでもって使う時、ここが重要。
ポイントガードって、付けてるときはいいけどさ、いざ鉛筆使う時に置く場所に困ったりするんですよ。そこらへん置いとくと無くしそうだし、じっさい1本どっかいったし。
(ペンケースに入れとけ?残念ながらそんなもん持ち歩かないんだわ)

で、どうするかというと、
1.バンドから鉛筆抜きつつポイントガードごとバンドを持ってポイントガードを外す。
2.鉛筆は抜ける。
3.ポイントガードはバンドに挟まったまま涼しい顔でそこに居続ける。
4.使ったらまたバンドの上からポイントガードを持って鉛筆を刺して、刺さったらその流れで鉛筆全体をバンドに戻す。
5.サイコーにカッコいい鉛筆の使い方がここに完成する。

めっっっっちゃスマート。
まじお勧め。
実はノート自体はそんな使わないんだけど、ブラックウィングのどでかいホルダーとして使ってる。
都会のど真ん中で経済と一緒にグルグル回ってるビジネスマン諸君も、つまんねえテカテカの黒い表紙の手帳とか使ってないで、これ使うべき。
誠実さ120%をアピールする602カラーのこのノートが社会の荒波の向こうに連れてってくれるはず。
知らんけど。

A
Anonymous
紙が丈夫

日記や絵をかくためにノートを検索していたところ発見。
ページ数も多く紙もしっかりめで、筆圧強めでも破れたりせず助かる。
紐も付いてるから新しいページを見つけやすいのもシンプルだけど○
若干大きく重いが、たっぷり書きたいので許容範囲内。

A
Anonymous
書き心地

鉛筆で書いてもボールペンで書いても万年筆で書いても、引っかかることが無く文字が書けてメモ魔にとっては最高です。

A
Anonymous
機動性抜群

開きやすく、バンドから鉛筆を外せばすぐに書くことができます。
今ではどこへ行くときも持ち歩いています。

A
Anonymous
開きやすくて書きやすい

ブラックウィング鉛筆をつかってましたが、初めてノートを購入。
ゴムバンドやサイドに鉛筆を納めておけるゴムもついてて気に入りました。
紙質もいいのか、書きやすく使い勝手もいいで
す。

レビュー

Based on 5 reviews 閉じる

あなたにおすすめの商品

最近見た商品